前回の続きです。
Middlemanで作ったブログをGithubで公開したときに参考にしたものをまとめました。
主に行ったのは以下の内容です。

  • 独自ドメインでGithubPagesを使用する。
  • ムームードメインで取得したドメインを使用する

独自ドメインでGithubPagesを使用する

GithubPagesでMiddlemanで作った静的サイトを公開する手順は以下の記事を参考にしました。
middleman-blogをgithubでホストする - Coiney Developer Blog

GithubPagesは公開リポジトリで作成すると無料でページを公開することができるという便利な機能です。
データベースや動的なサイトは公開できませんが、静的サイトを手軽に公開できます。

独自ドメインを使用するには?

独自ドメインを使用するにはorganizationアカウントかプロジェクトアカウントを利用する必要があります。
organizationとは簡単にいうとグループアカウントです。
チームでリポジトリを管理する場合にはorganizationアカウントで行います。

Githubアカウントを既に持っている際は画面右上にあるメニューから作成が可能です。

Github organizationアカウントを作成する

アカウントを作成する場合はまだ登録していないメールアドレスが必要なので事前に準備しましょう。
今回はOrganizationアカウントで行いました。

OrganizationでGithubPagesを使用する場合

Organizationの場合はレポジトリ名をusername/username.github.ioとしなければなりません。
また、masterブランチのコンテンツが公開されます。

Githubにデプロイするための環境を作る

基本はMiddlemanでbuildしたファイルをmasterブランチにデプロイすればいいのですが、Middlemanにはmiddleman-deployという拡張機能があるのでそれを使うことにしました。

使い方は、まずGemfilesに以下を追加して

gem 'middleman-deploy'

コマンドラインでインストールを行います。

$ bundle install

config.rbに以下を使いします。

activate :deploy do |deploy|
  deploy.method = :git
  deploy.branch = 'master'
end

あとはコマンドラインでbuildした後にdeployするだけです。

$ bundle exec middleman build
$ bundle exec middleman deploy

ムームードメインで取得したドメインを使用する

ムームードメインでドメインを取得していたのですが、Apex Aliasの設定が必要ということで、こちらの記事を参考にGithubPagesのドメイン変更を行いました。
ムームードメイン+GitHub Pagesで独自ドメインを使う方法 - それはBooks

この手順で独自ドメインで無事Middlemanで作成したblogを公開することができました。